さまざまな場所がある

薬剤師になるということを考えた場合、さまざまな理想を持ってきたはずです。
大学でも長く勉強しなければいけませんし、就職先もさまざまなところから選び見つけたことでしょう。
しかし、今自分がいる場所が、本当に理想の場所なのかどうなのか、そのことに悩むこともあるはずです。

自分の心のどこかにある理想像は、なくなるわけではありません。
その理想の働き方を考え、探してみることも、人生の中では大切なことといえるでしょう。

よく転職はするべきものではないと説得する人もいます。
ですが、理想とは全く違う仕事を続けることは、人生の中でプラスになるわけではないのです。
それを探し出し、見つけることは、人生を豊かにするきっかけとなるでしょう。

思想とすることは何なのか

自分の仕事の理想は何か、それを見つけ明確にすることから始めなければいけません。
たとえば、ただ同じ仕事を繰り返すのではなく、プロとしての意識を高めたいというのであれば、病院の薬局がいいでしょう。
病院の中では、給料の低い仕事ではありますが、常にやることが変わります。

新たな薬にも触れることが多くなることから、サラリーマンというよりも、職人的な部分を持っているでしょう。
他のメンバーもそうした意識を持っていることから、競争意識も強く出ます。
こうした環境を好むのであれば、もっとも優れた場所となりますが、それだけに離職率も驚くほど高い職場です。

もっと広い知識を持ち、地位の向上も考えるのであれば、ドラッグストアでの仕事がいいでしょう。
単に薬ということだけに限らず、販売ということを学んでいかなければいけません。
マーケティングは当然のこと、経理や経営に関しても知識が必要で、薬剤師という範囲を超えた知識と経験が求められるようになります。
薬剤師としての専門性は下がりますが、総合職としての役割は向上することになるでしょう。

休日出勤や残業も出てきます。
レジ打ちなどもしなければいけないことから、薬剤師としての仕事しかしたくはないという人には向きません。

理想の職場はきっとある

薬剤師として、時間にも余裕を持ちたいというのであれば、調剤薬局がいいでしょう。
正社員だけではなく、パートやアルバイトで働くこともできます。
とても狭い環境で働くことになるため、人間関係がこじれると、苦しい思いをすることもありますが、転勤などもないことから安定する仕事場です。

企業の中で薬剤師の資格を活用するのであれば、営業やCROのモニターなどになるでしょう。
薬剤師としての範囲を超えることも多くなりますし、精神的にも大きな負担がかかります。
給料という面では、一般の薬剤師とは比べ物にならない金額がもらえる可能性もあるため、給与待遇ということで考えるのであれば、企業内にいることが一番です。
ただし、ノルマなどによっては、解雇されてしまう可能性も高い職場であることを忘れてはいけません。

さまざまな仕事が存在する中、自分の理想の職場を見つけることは簡単ではありません。
しかし、どこかに必ず理想とする場は存在します。
どこかで妥協したりすることも出てくるかもしれませんが、そういった職場を見つけるために、派遣などを利用し、さまざまな経験を積んでみるのもいいでしょう。