生薬を調合する

薬剤師の転職先として、人気が高まっているのが漢方薬局でしょう。
その理由の一つとしては、処方箋をかけるということがあります。
漢方薬局は、中国生まれの薬の考え方で、個人の症状に合わせて生薬を調合することになるのです。
そのため、処方箋をその場でかくことになるというのが、大きな違いとなっているといえるでしょう。

漢方薬局の場合、生薬一つで特徴を発揮させるのではなく、組み合わせるところも違いでしょう。
生薬の力で体の持っている自然治癒力を高めるため、西洋薬とは根本的に異なります。
即効性がないというデメリットはありますが、副作用が少なくて済むというのは、服用する側から考えると、大きなメリットになるでしょう。

漢方薬局では、漢方薬に対する広い知識が必要です。
経験もなければならず、カウンセリングから調合や処方まで薬のスペシャリストである薬剤師が行うことになります。

漢方・生薬認定薬剤師の存在

漢方薬剤師に求められることは、生薬と漢方に対する深い知識、さらに経験であるといえるでしょう。
その中で、ドラッグストアのような環境で、漢方薬を販売したりするのであれば、薬剤師の資格だけで十分です。
しかし、生薬の調剤・販売を行うのであれば、漢方薬・生薬認定薬剤師の資格が必要となります。
この資格がなければ、調合は行えないのです。

漢方・生薬認定薬剤師は、日本薬剤師研究センターで所定の単位を履修し合格することで認定されることになります。
3年更新ですが、この資格があるかないかは、非常に大きな意味を持つことになるでしょう。
大学で生薬を学んでいることも重要となってきますが、比較的自分のものにしやすい資格であることも確かですので、漢方薬剤師は人気があるのです。

働きながらでも研修を受けて認定されることもできます。
しかし、集中して勉強するために、退職してから目指す人も少なくありません。

漢方薬局に勤めていれば、こうした勉強や研修の時間はとりやすくなって行きます。
ほとんどのところで、こうした環境を整備しているからです。

仕事を見つけるのが難しい

漢方薬剤師の仕事を探す場合には、ハローワークなどではかなり難しいといえます。
もともと、漢方薬局事態の数が少ないということと、専門性が高いために、薬剤師専門サイトなどに募集が集まりやすいからといえるでしょう。
非公開求人も多いのが、この業界の特徴ともいえますので、できるだけ多角的に探さなければ見つけることが難しいというのも現状です。
市場としても、まだまだ小さいものであるため、情報も偏ります。

転職サイトなどであれば、相談もしやすくなりますし、資格をどうするのかも相談することができるでしょう。
派遣で見つけるというのも一つの方法ですので、漢方薬局への転職を考えるのであれば、候補に入れておくべきなのです。