辞める時の難しさ

仕事というものは、入るときよりも、辞める時のほうが難しいものです。
仕事をしたいと思ったときは、とにかく情熱的に進めていくことができるでしょう。
考え方もポジティブですから、精神的な負担も少ない状態です。

ところが、辞めるとなれば、どうしてもネガティブな気持ちになりますし、伝え方次第では辞めることがうまくいかないことも出てきます。
円満退社するというのは、決して簡単なことではないのです。

引き留められない理由を話す

一般的に、会社を持するとするのであれば、自分で会社に対して交渉して行かなければいけません。
円満に事を進めるとするのであれば、自分の上司が仕方ないと意思を認めるようにすることが重要となるでしょう。

上司とすれば、辞めさせたくはないかもしれません。
辞めさせてしまっても問題はないかもしれないでしょう。
どうしても必要な人材であるのであれば、何とか引き止めたいと思う気持ちも行動も出てくるものなのです。
その思いを説得できるかどうか、ここが重要なポイントとなるでしょう。

つまり、退職する理由を明確にし、納得させることが重要であるといえます。
納得できないような理由であれば、何とか説き伏せて退職を阻止したいと考えるかもしれないからです。

その背景には、跡を継ぐ人間の不足があるかもしれません。
そうなれば、仕事はうまく回らなくなるでしょう。
必要なことは、人材と時間ということになってくるはずです。
その調整をして行くことも、根回しをすることも、円満退職して行くためには必要なことになります。

引き留められないようにするためには、辞めたい理由がはっきりしなければいけません。
給料や残業など、改善できるような要素を残せば、これは交渉次第と思うことでしょう。
辞めたいというのであれば、会社側が実現することができない理由を述べることです。
ただし、嘘をついてまで話をするのではなく、もっと違う仕事がしたいといったことや、新たなチャレンジをしたいなど、前向きな理由をはっきりと伝えるといいでしょう。

人間関係で辞められないことは考え方次第

薬剤師として考えた場合、そこまで多くの人数がいるわけではないでしょう。
少数精鋭の中で動いていることが多く、一人がやめてしまうことにより、多くの問題が生まれます。
ですが、辞めたいというのであれば、それを崩したりするのではなく、確固たる意志を持って辞めるということを考えなければいけません。

育ててくれた人に音があるかもしれませんが、その人がいつまでもいるとは限らないでしょう。
もしかしたら、自分よりも先に辞めてしまうかもしれません。
そうなったら、自分が辞めなかったことを後悔することも出てくるはずです。
もし、そんな恩義を感じるような人がいるのであれば、個人として付き合い続ければいいだけのことでしょう。