薬剤師が求められているMR

製薬会社で働くということは、薬剤師として少し毛色の違った仕事といえるでしょう。
何も薬剤師である必要はなく、研究職として大学で勉強してきた実績があったりすれば十分に用を足すことができるからです。

薬剤師として知識を生かすのであれば、MRでしょう。
現場でも、かなりの薬剤師が求められていますが、まだまだ数が少ないのが現状です。
MRは、医薬情報法担当者の略称であり、自社製品に関する品質や有効性を病院や医師に情報として提供するのが仕事となります。
安全性に関する情報提供も重要な範囲です。

以前はプロパーや営業と考えられていましたが、法律の改正により、MRは営業的な役割をしてはならないとされました。
切り離した営業的部分はMSと呼ばれる仕事になります。

薬事業務として、新薬の情報を提供するための文書作成や顧客との折衝を行うことになります。
日所に多岐にわたる仕事をすることもありますが、情報の提供も受けることが必要となってくるため、コミュニケーションスキルが重要なポイントです。

待遇の良さと残業の多さ

非常に待遇のいい仕事として知られており、30歳以上で年収1000万円はざらにいます。
その代り、残業も多く、仕事としてはかなり厳しい側面も持っているのです。
薬剤師の資格が絶対必要なわけではなく、知識があれば十分やっていくことはできます。
しかし、職務内容を考えた場合、薬剤師であるということは、大きなメリットになってくるのです。

実際に薬剤師のMRが少ない理由は、転職組が多いということがあるでしょう。
営業はしないといっても、情報提供という交渉技術が必要であり、営業経験者が有利なことは確かです。
そのため、多数を営業経験者が占めますが、本来であれば薬剤師が活躍するべき場所であるといえるでしょう。
転職先として考えるのであれば、大きな武器になりますので、営業活動も併記というのであれば、候補に入れておくべき仕事なのです。