知識を生かすことができる

転職先を考えるうえで、薬剤師の資格や知識を生かすことができる臨床開発も重要な仕事となるでしょう。
新薬の開発にかかわる仕事であり、品質保証部門であるQAや品質管理部門のQC、データマネジメント部門のDMなどがあります。
どれも、薬剤師の資格を生かすことができる仕事といえるのです。

QAは、医薬品の製造から出荷までの品質を保証することが仕事となります。
評価検証し、不良が出ないように管理して行かなければいけません。
もちろん、100%不良が出ないわけではないため、どうして発生したのかを検証し、原因をつぶしていくことも仕事となります。

QCは、臨床開発における評価を行っていく仕事です。
さまざまな臨床開発から、本当に適切だったのか、それを検証して報告書などにして行かなければいけません。
このデータが、さまざまな部門にフィードバックされることもあるのです。
品質向上にも寄与する部門であり、新薬開発ということでは鍵を握っているともいえるでしょう。

DMは、さまざまなデータをデジタル化していくシステム構築を行っていきます。
管理業務も重要で、集計しながら分析し、データが本当に信頼できるものとして確保するのがDMの仕事といえるでしょう。

メリットとデメリット

薬剤師として臨床開発に携わるメリットは、とにかく新しい医薬品に触れるということに尽きるでしょう。
どこかの過程に携わることになるのですから、研究者としてはこれほど魅力ある仕事も少ないのです。

福利厚生も充実していることが多く、長期休暇も取りやすくなりますが、成果に応じて評価もされやすい環境もあるからこそ、休みもしっかりとることができるのです。
キャリアアップの選択肢もしっかりしていますし、英語を使った仕事ができたりと、将来を見据えて仕事をして行くこともできます。

逆に言えば、ほとんどの人が薬剤師である部署もありますし、薬剤師がなければ働けないというわけでもありません。
特別な資格として認められないことから資格手当がつかなかったりします。
残業も出たりすることがありますし、法律的な知識が必要になったりすることもあるため、仕事が複雑になることも出てくるのです。
それでも、医薬品というものに対して、研究をしたいと思っているのであれば、転職といってもいい仕事といえるでしょう。