多くの求人がある

薬剤師として働く方法には、いくつかの方法があります。
その中で、パートやアルバイトといった雇用形態を選ぶことも出てくることでしょう。
ドラッグストアや薬局を見てみると、非常に多くの求人が出ていたりもします。

パートやアルバイトといった働き方には、メリットが存在します。
ただし、表があれば裏があるように、メリットがあればデメリットも存在するのです。
それを理解して行くことによって、メリットがどれだけ大きなものか理解することができるようになるのですから、下記のサイトも役立つでしょう。
>>パート薬剤師のメリット・デメリット『薬剤師パートのおすすめガイド』

雇う側から見るメリット

薬剤師としてみた時に、パートやアルバイトのメリット下記のサイトにも解説されています。
>>薬剤師の転職のメリット

デメリットと併せて考えるのであれば、こちらがいいでしょう。
>>薬剤師求人 パートで働くメリットとデメリット薬剤師の転職相談所 -ファーマシストライフ-

いろいろな情報がある通り、それだけ働き口があるということは、大きなポイントになるはずです。
調剤薬局だけではなく、ドラッグストアなどでも求人を多数見つけることができるはずです。
一定の時間で人手を確保しやすいパートの場合、ピンポイントで増員したいドラッグストアなどでは重宝されます。

薬剤師がいないと、第一類医薬品の販売ができないということもあるのです。
そういった面で、利害が一致するといえます。

融通がつきやすいパートやアルバイト

パートやアルバイトの場合、時間や期間はそこまで拘束されません。
つまり、短時間勤務ができるようになるでしょう。
プライベートの時間を大切にしたい場合には、正社員より有効な立場となります。

当然、移動や転勤もありません。
短期間だけ近隣の店舗に移動したりすることはありますが、あくまでも期間限定ですので、生活に負担がかかるようなことはないのです。

時給の問題もあるでしょう。
他のパートやアルバイトとは違い、2000円前後ともいわれる時給は、驚くほど高いはずです。
時間を限定したとしても、十分に稼ぐことができるでしょう。

やりがいを求めるのなら正社員で

デメリットとしては、収入はやはり安定しません。
どうしても地位は正社員より低くなります。
ボーナスや退職金も出ません。

こうした理由に関連しますが、責任のある仕事に就くことはできないでしょう。
そうした責任を負うことができない立場だからです。
薬剤師としても、スキルアップを目指したいと思うのであれば、パートやアルバイトは向きません。
やりがいも少ないために、仕事としての張りを求めるのであれば、パートやアルバイトではなく、正社員の求人を探したほうがいいでしょう。