薬事法の改正

薬剤師の働き方として、ドラッグストアを選択する人が増えてきました。
今までであれば、ドラッグストアという選択肢はそこまで重要なものではなかったでしょう。
しかし、薬事法の改正により、薬剤師としてドラッグストアなどで働く意味は、とても大きなものとなってきたのです。

ドラッグストアで働くということは、薬局での働き方とは異なります。
薬局とドラッグストアという存在の違いが下記のサイトにありますので、参考にしてみるといいでしょう。
>>薬局とドラッグストアの違い『薬局のイロハ』

転職先としてのドラッグストア

実際に転職先として考えた場合、下記のサイトも情報が集まっています。
>>ドラッグストアへの転職って実際のところどうなの? 転職のプロに聞いてみた『ドラおじさんの薬剤師・転職相談室』

ドラッグストアでの仕事は、処方箋がなくても購入できるOTC医薬品を販売することと、来店するお客さんの接客です。
市販薬は、第一類から第三類まで分類されているわけですが、第一類医薬品は取り扱っていても、薬剤師がいないときには販売することができません。
これは大きなポイントです。
どうしてもドラッグストアが、薬剤師を欲しがる理由でもあるでしょう。

そんなドラッグストアに転職する前には、下記のサイトを参考にしておくべきです。
>>ドラッグストア薬剤師へ転職の前に知っておきたいことは?『薬剤師求人うさぎ』

接客ということでは、薬剤師の能力を超えることも予想できます。
薬局であれば、薬に関する接客はしても、それ以上のことは発生しません。
いいところ健康食品や飲料ぐらいのものでしょう。

ですが、ドラッグストアでは、本当に多くの商品が販売されています。
商品が販売されているということは、その商品を覚え、陳列もしなければいけません。
接客範囲も大きく違いが出てきますが、本当に多くのことを覚えていかなければいけなくなるのです。

責任ある仕事ともに必要となる多くの知識

メリットとしては、パートタイマーの募集も多く、責任のある仕事ができるということがあるでしょう。
キャリアプランを形成しやすいということもあげられます。

ドラッグストアとして考えてみても、第一類医薬品を扱うことができる薬剤師のほうが、店長などの管理職になってもらったほうがメリットはあるでしょう。
その分だけ責任は重くなりますが、教育制度や福利厚生も充実していますので、安心して働くことができるようになっているのです。

ただし、今までの薬剤師の仕事の範囲をはるかに超えますので、それだけ困難が付きまといます。
これまで以上に多くのことを学ばなければいけないでしょう。
特に経理やマーケティングといった、まったく違う分野を学ぶことになるため、非常に困難を極めることも出てきます。

ですが、それだけ新しいことをすることになるのです。
それが楽しいと思えるぐらいならば、ドラッグストアでの仕事は楽しいものとなるでしょう。