処方箋の最終チェック

薬剤師の仕事の場としては、調剤薬局は考えやすい選択肢の一つになるでしょう。
処方箋に従って調剤するのが仕事であり、患者に対し服薬指導をすることも重要な職務内容です。
薬剤師としての知識をフル活用し、医者が作成した処方箋に対して、最終チェックをするということも、調剤薬局の務めといえるでしょう。

調剤薬局で働くのであれば、メリットは基本的な仕事はどこに行っても同じであるということが挙げられます。
薬の管理や、組織体系は違いがあっても、処方箋に対して薬を調合し提供するということになるのですから、あまり違いは生まれません。
そのため、一度キャリアがあると、転職しやすい仕事であるといえるでしょう。
雇う側としてみても、キャリアさえあれば安心して雇用できる部分ともいえます。

非常に規則的な時間配分で働くことが多く、まず残業がありません。
残業があったとしてもごくわずかであり、そこまで生活に影響が出ることはないでしょう。
プライベートの時間を圧迫したりすることがないというのも大きな部分です。
そのため、女性でも再就職しやすく、パートやアルバイトといった雇用形態も存在します。

基本として、転職もありませんし、あったとしても非常に限定されているのは、調剤薬局という組織自体が全国規模になることがないからです。
地域に密着していたり、特定の病院のそばに合ったりするため、転勤するほど各所にありません。

はっきりしたデメリット

メリットがはっきりしている分だけ、調剤薬局での仕事はデメリットもはっきりと出ます。
特に日々の仕事がルーチンワークになりやすいということがあるでしょう。
そこに刺激を求めるのであれば、確かに刺激の少ない職場であるといえるでしょう。
だからといって、ミスが許される仕事ではないため、緊張感を持って仕事をして行かなければいけません。

仕事の内容が一定のため、評価査定の差がつきにくく、狭い環境で働くため、昇給などの機会はごくわずかしかないのです。
その分安定はしていますが、刺激は足りないと感じる部分の一つでしょう。

狭い環境ですので、人間関係がこじれると収拾がつかなくなることもあります。
女性の多い職場ということも重要で、なじめない人にとってはつらい環境になることもあるでしょう。

いろいろと魅力もありますが、はっきりとしたデメリットもありますので、転職するのであれば考えておかなければいけません。
それでも、時間に安定した仕事で薬剤師の知識を生かすことができるという点では、評価されるべきでしょう。