インターネットの発達がカギ

最近では、出社して仕事をするのではなく、在宅で仕事をする在宅ワークという働き方が出てきました。
会社側から考えても、通勤時のリスクはありませんし、諸経費を抑えることができます。
働く側から考えると、通勤に掛ける時間や経費を必要とせず、労働時間だけを働くことができるメリットのある働き方です。
問題は、どうやって管理するのか、成果をどう判断するのかという部分にありましたが、インターネットの発達により、ほとんどの問題が解決されてきています。

薬剤師としても、インターネットの普及により、在宅ワークできる仕事が出てきました。
ですが、あくまでも在宅ワークなのであって、内職などとは違うものであるということも忘れてはいけません。

薬剤師の資格と経験を活かす在宅ワーク

薬剤師としての資格を生かすことができるものとしては、文書の翻訳ということが挙げられるでしょう。
医薬品関連の文書は山ほどあります。
しかし、その大半は英語など日本語以外でかかれたものであり、これを翻訳しなければいけないことは、いつでも発生します。
論文に関しても、海外で発表されたものは、日本語に翻訳するべきですが、薬事に関する英語は専門用語であり、知識がなければ正確に翻訳できないため、薬剤師の力が必要なのです。

翻訳業務にかなり近い部分ですが、ライター業務も存在します。
薬や健康に関すること、サプリメントや健康食品などに関して、薬剤師の知識を活かし生地を作成します。
好きなことがかけるわけではありませんが、知識や経験は、大きく役立つことは間違いありません。
薬剤師としてのキャリアも、記事に生かすことができることがあります。

製薬メーカーなどの問い合わせ業務も、在宅ワークできるようになってきました。
転送される形になりますが、電話での問い合わせや、メールでの対応を薬剤師として行います。
ただし、いつでも問い合わせがあるわけではなく、安定感には欠けますが、薬剤師としての能力を生かしていくことはできるでしょう。

知見や申請書類などの書類作成業務も、在宅ワークの対象です。
こうした書類は、データさえそろっていれば、どこでも作成することができます。
インターネットを活用することにより、膨大なデータにアクセスしながら作成することができるため、こうした作業も対象となるのです。

在宅ワークとしての問題と壁

在宅ワークとしての問題は、働き方にあるわけではありません。
薬剤師として、おそらく経験のない仕事をもらうという作業が発生することになる部分にあるでしょう。
つまり、自分の仕事を営業しもらってこなければいけないのです。

会社にいれば、自動的に仕事は割り振られていきますが、在宅ワークの場合、そのほとんどが個人事業主となります。
どこかに所属していれば、そこまでの心配はいりませんが、自分で営業し費用交渉もして、経費や収入の計算をしなければいけないのです。
確定申告なども必要になるため、いろいろと仕事以外のことも出てきます。
こうしたことを効率的にこなしていくことができるかどうか、鍵はここにあるといっていいでしょう。