平均年収は300万円

薬剤師という仕事は、他の仕事に比べると高時給の仕事であることは確かです。
しかし、もっと効率よく、時給を高くしていくこともできます。

賃金相場から考えてみると、平均年収は300万円が最低ラインとして考えられているでしょう。
病院で働くケースが安くなりやすいといわれています。
ですが、役職などの上昇によって、700万円弱程度まではもらえるようになると考えられているのです。
これは、決して安いといえる相場ではありません。

パートやアルバイトの場合、時給換算で2000円前後というところが相場です。
地域によって格差がありますが、北関東などは全国的に見ても時給が高く、2500円にも迫る場合があります。
需要と供給のバランスの問題もありますし、ドラッグストアなどでも郊外店が多い地域のため、賃金相場が上がりやすいということもあるでしょう。
もちろん、キャリアによって、さらに高時給になることも出てきます。

高時給にできる派遣という方法

もっと高時給にしたいと考えた場合、パートやアルバイトに比べ、派遣で働くという方法を考えていかなければいけません。
派遣の場合、残業やボーナスなどはありませんが、職場を選んだりすることができるうえ、契約以外のことはしないで済みます。
当然のことですが、残業や休日出勤も契約がいであれば断ることができるのです。

さらに命令系統は、派遣先ではなく派遣元である派遣会社からしか行うことができません。
こうした条件を加味して考えても、薬剤師の派遣契約は、非常にメリットがありますが、時給はさらに高くなってくるのです。

パートやアルバイトが2000円前後の中、派遣の場合には最低でも2000円で4000円になることさえあります。
これは、必要とされる場所を探し、必要とされる人間を派遣するから成立するものであり、ただ薬剤師として仕事を探し就職するということとは異なるからです。
その代りに、労働派遣法により、3年までしか同一の派遣先では働くことができません。
この期間を過ぎれば、別のところに派遣されるか、そうなる前に派遣先に正社員雇用されるといった方法をとらなければいけないのです。

高時給になることは確実の派遣での働き方ですが、常に必要とされるところに異動することになります。
新しい環境に順応しやすいという人は、向いている方法といえるでしょう。

派遣というと、どうしてもイメージが悪い働き方であることも確かです。
しかし、一般的な労働派遣とは違い、有資格者や記述者を必要とされている場所に派遣するというスタイルは、派遣業の本来の姿であるともいえます。
高時給になりやすく、職場を見つけやすいということでも有利ですし、自分の時間を大切にして働くこともできるでしょう。
お互いにWin-Winで働くことができるのですから、薬剤師としては、有効な選択肢といえるのです。