いろいろな働き方がある薬剤師

薬剤師にはいろいろな働き方があります。
中でも派遣という選択肢は、そこまで多くはなってきていないものの働き方の一つとして選択する人が増えてきているのです。

”ご結婚されて家事にも時間を割きたい方、正社員のときにはできなかった趣味や習い事に時間が欲しい方などに最適な働き方です。”
引用:薬剤師の派遣・求人・転職専門サイト『ファーマリンク』

一般的に派遣ということで考えると、立場は悪く給料も低いと考えられます。将来が不安ということも出てくるでしょう。
派遣切りという言葉が、頭をよぎることもするはずです。
しかし、薬剤師の派遣という働き方は、こうした一般労働派遣とは少し異なる立場となります。

システム的には一般労働派遣と変わらない

薬剤師の派遣という働き方は、一般労働派遣と変わりません。
派遣会社と雇用契約を結びます。
そのうえで、派遣会社のスタッフとして、派遣先企業である薬局などで働くということになるのです。
つまり、派遣先企業で直接雇用されるわけではないということになります。

派遣といっても、派遣会社の社員ですので、福利厚生はもちろんのこと、社会保険もあります。
中には賠償責任保険も加入していたりするのです。
それだけ手厚く扱ってくれるということも、重要な意味があるでしょう。
紹介予定派遣も重要で、一定期間派遣したのちに、派遣会社と派遣先企業と合意できれば正社員雇用に切り替えることができます。

ほとんどの面で優遇されやすい薬剤師の派遣

薬剤師の派遣の場合、時給はかなり高くなります。
パートやアルバイトの場合2000円前後といわれる中、派遣だと倍近くもらえるケースも少なくありません。

パートやアルバイト同様に、時間が使いやすく残業などもしないで済みます。
短時間労働も可能で、契約の仕方次第で縛られたりすることもなくライフスタイルに合わせた働き方ができることが特徴です。

よくある薬剤師の悩みとして、嫌な職場にあたってしまい長期間苦しみながら仕事をしてしまうということが挙げられますが、
そのような職場にあたってしまった場合、派遣の場合になら、長居することもなく場所を変えることができます。
あくまでも働く先が変わるだけで所属は派遣企業にあるからです。

さまざまな環境で多くの経験を積むことができるのが、薬剤師としての派遣の働き方といえるでしょう。
視野を広げて多様な薬剤師の世界を見ることができるのですから、大きなメリットのある働き方でもあるのです。

求人があるかどうかを見てみてから

ただし良いことばかりだけではなく、派遣社員ですのでボーナスのような制度は存在しないことが多いので、契約内容などをよく確認する必要があるでしょう。

社会的信頼度という問題もさることながら、派遣会社ごとに能力が大きく異なります。
自分にあっているかどうかという問題もありますので、まずはサイトをよく見て、どのような求人があるのか調べることから始めましょう。