解決の糸口

薬剤師として仕事をしていると、なんだかおもしろくない、つまらない仕事だと思うようになる瞬間があるはずです。
やりがいも見いだせなくなり、時間も単調で、何も刺激がないと考えてしまうことになるでしょう。
そんな思いを抱え、仕事を続けている人も、かなり多かったりするのです。

なぜ、仕事がつまらなくなってしまったのか、その理由を考えなければいけません。
そこに解決の糸口があるからです。

始めたころの刺激

始めて仕事をしたころは、何もかもが目新しく楽しく仕事をしていたことでしょう。
苦労もたくさんあったはずですが、それがやりがいとなっていたはずです。

つまらないと感じてしまうのは、だんだんと仕事に慣れて単調であるように感じ始めたころからでしょう。
プロであるはずなのに、いつも繰り返しで、あまり刺激が感じられなくなります。
薬剤師として、多くの知識を得て、忙しい時間を過ごしているのにもかかわらず、社会的に見て地位が低く感じられやすく、給料も安いということもあるかもしれません。

プロであるからこそできることがある

確かに、薬剤師の仕事は、毎日正確に行い、素早くこなすことが求められます。
もっとも大切なことであり、これができるかどうかが薬剤師の腕でもあるでしょう。

プロとしてやりがいを考えてみれば、どうしてもやりがいが感じられないときがあるはずです。
自分の立場が軽んじられてしまっていると思うときもあるでしょう。
地位を低く扱われることもないわけじゃないでしょう。

ですが、薬剤師には薬剤師にしかできない仕事があるはずです。
それを考えていかなければ、いつまでたっても、地位も立場も給料も向上することはありません。

基本的な解決方法はどれも変わらない

薬剤師として、仕事を楽しくするということは、いろいろとあるわけではありません。
基本的なことは、どんな職場でも変わりません。

ルーチン化されやすい仕事ではありますが、患者の様子ということは、刻々と変化していることでしょう。
いつも同じことが起きるわけではありません。
いろいろと向き合いながら話をしてみたりすれば、仕事はいつも一定ではないことに気が付きます。

信頼関係も築けるようになり、それまで見えていなかったことも見えるようになってくるでしょう。
これが大きな変化をもたらすはずです。

立場ということでは、目標を持つことが有効でしょう。
モチベーションが低下してしまっている原因なのですから、自分の意識や立場を上げられるように相談できる人を見つけることも重要です。
セミナーや講演会などに参加してみて、新たな刺激を受けてみるのもいいでしょう。
こうしたことの繰り返しが、自分の立場を変化させ、モチベーションも上昇させることになるのです。

あまりにも刺激も変化もないというのであれば、職場を変えてみるのも一つでしょう。
転職することにより、環境もすべて変わります。
それにより、新たな世界が見えてくるようになるのですから、刺激も増えやりがいも見つかるようになるでしょう。