大きな悩みとしてつらい人間関係

薬剤師としての悩みを考えた時、最もきつい悩みになってしまいがちなのは、上司との人間関係でしょう。
内部の人間関係の悩みは、どの業界に出も存在します。

その中でも、狭い環境の中で限られた人間だけと毎日会うことになるのです。
これが大きな負担になることは確かでしょう。

人間関係が悪化しやすくなる環境

問題として、なぜ人間関係がこじれてしまうのかを考えてみなければいけません。
ギスギスしやすい状況としては、それだけ緊張感があるということがあるでしょう。
ミスは許されない仕事です。
そんなに心の余裕がないというのも、こうした関係を作り上げてしまいます。

どうしても、閉鎖的な環境であるということがあるでしょう。
さまざまな職場で働くことができますが、薬剤師として考えれば、そこまで多くの人数がいるわけではありません。
どうしても限られた人数であり、時間をあけたりしながら、頭を冷やしたりする時間も空間もなかったりするでしょう。
それが、上司との関係を悪化させたりするのです。

病院などでは、人事異動もほとんどありません。
永遠と同じ面子で働き続けることになるでしょう。
それも、上司との関係を悪化させることにつながって行くのです。

もちろん、上司は正社員で、こちらはパートや派遣といった、雇用形態の違いということもあります。
お互いに打ち解けられれば問題はありませんが、初めから格差があったりすると、どうしても関係はうまくいかないことが出てくるのです。

人間関係を悪化させないようにするため

いくつもの解決方法があるわけではありませんが、下記のサイトも参考にできるでしょう。
>>薬剤師が職場で良い人間関係を築くコツとは?『薬剤師の仕事研究室』

人間関係ということでは、自分がされたらいやなことはしないということが重要です。
たとえ自分がやられたとしても、それをやり返しているようでは、永遠に続きます。
そこには、何も解決方法を見ることはできないでしょう。

こうした考え方や行動は、やがて周知の事実となり、周りも知るところになるでしょう。
少なくとも、評価する人は、正当な評価をくだします。
嫌だと思った人と同じ土俵で行動していれば、そんな評価をされることもないでしょう。
なにか悔しい思いをしたのであれば、仕事で見返してやろうと考えるほうが、よほど建設的な考え方だからです。

もしも、修復不能なまで関係が悪化してしまっているのであれば、転職を考えるのも一つでしょう。
人間関係によって、精神的にも肉体的にも消耗を続けるぐらいなら、転職することでリセットさせることも方法の一つだからです。