FQ076

一生医療に関わりたい

企業などで働いていると、いつか定年退職する日がやってきます。
一定年齢で、第一線から退くということが定年退職ですが、寿命が延びてきている現在、もっと働きたいという人も多いでしょう。
特に薬剤師という仕事に携わっていると、一生医療にかかわっていきたいと熱意を持っていることもあるはずです。
そこで、再就職を考える人もたくさんいます。

実際に、定年退職の年齢ということを見てみると、65歳定年が叫ばれるようにはなりましたが、いまだに大半は60歳を定年として定めているといえるでしょう。
もちろん、雇用先によっても異なりますが、65歳を定年として定めているところは、1割程度しかありません。
これは、薬剤師も同一です。

薬剤師が足りない現状を生かす

薬剤師の再就職ということを考えると、決して暗い道ではないでしょう。
現在の状況を考えると、薬剤師の数は足りているとは言えません。

たとえば、薬局として考えた場合、地域医療を支え、地域の人々の健康を守るために必要です。
ところが、ドラッグストアなどでも第一類医薬品を販売するためには薬剤師が必要であり、薬局などに人手が足りなくなってきている例は山ほどあります。
ドラッグストアでも、時間限定であっても薬剤師が欲しいのは確かです。
こうした状況をうまく生かすことができるかどうかが、再就職ということを考えても重要となってくるでしょう。

嘱託で残るという選択

実際に再就職ということを考えるのであれば、勤務延長制度を利用するという方法があります。
嘱託勤務という形です。
再度労働契約を結ぶ方法ですが、もともと契約していた条件よりは劣ることがほとんどでも、慣れた環境の中で働くことができます。
仕事の内容としても、問題が少ない方法でしょう。

新たな仕事を探す場合には、だれかに紹介してもらう方法が一番です。
なぜならば、薬剤師としてのキャリアや実績は、紙でかいただけでは伝わりにくいものがあるでしょう。
転職サイトを利用したりするのも、同じような理由があり、価値をわかってもらえる人を通すことで、再就職を成功させる意図があるのです。

再就職という意味を考える

再就職ということを考えると、収入はかなり減ります。
自分の強みはどこにあるのかを考え、実現できるのかどうかも考えていかなければいけません。

そして、年齢から考えても、無理をすることはできなくなってきているはずです。
思った以上に動くことができないことだってあるのですから、無理せずに働くことができる場所を探すべきでしょう。
それでも、薬剤師としての知識や経験、資格を活かすことができるのですから、再就職ということは、かなり有利に進めることができるのです。