FW081

信頼関係を築く

薬剤師の仕事を考えると、外部との接点として、患者という存在が欠かせません。
病院や薬局などで働いている場合、自分の知識や経験をいかに役立たせることができるかということがポイントとなるでしょう。
その特に、多くの患者さんとかかわりを持ち、役に立つ仕事にしたいと思うことも珍しくありません。

そうした信頼関係を築くことができるようになれば、仕事にも張りが出るようになるでしょう。
これがやりがいに変わってくると、薬剤師としての仕事は、さらに高いステージに入るようにもなるはずです。

距離の近い職場は

距離が近いということでは、在宅医療にかかわる仕事は、患者と密接な関係があります。
薬局などでも患者に接触することにはなりますが、在宅医療に力を入れていると、特定の患者のもとに赴くことになるため、つながりは一層深くなるでしょう。
いろいろな人と連携しながら進めていくため、それまでには感じることのなかったつながりもできてきます。

病棟勤務の場合には、入院患者とかかわることはそこまであるわけではありません。
ですが、中には積極的に関与できる病棟薬剤師としての仕事もあります。
ただし、小さな病院では、そこまで積極的に参画することは難しいため、大きな病院などを選ぶ必要も出てくるでしょう。

目の前でかかわってくるということでは、ドラッグストアでの仕事は大きな意味があります。
薬を購入しにくるお客様がいますが、そこまでの知識があるわけではありません。
特にOTC薬品の場合には、処方箋が存在しない以上、どんな症状なのか、ニーズは何かを探り出し、適切な商品を提供する必要が出てきます。

お客様側として考えても、気軽に相談できるような場であり、非常に密接なつながりができるようになってくるのです。
コミュニケーションを取りながら、非常に距離は近くなってきます。

コミュニケーションを取っていくこと

信頼関係を築いていくためには、挨拶がとても重要です。
とっつきにくい人と思えば、だれもコミュニケーションをとりたいとは思いません。

傾聴姿勢ということも重要です。
患者もお客様も、悩みがあってきているのですから、その悩みを聞くことが重要となります。
ところが、話を聞く姿勢になってなかったらどうでしょうか。
そんな人にコミュニケーションを取りたいと思うことはないのですから、しっかりと話を聞き判断するということを心掛けていかなければいけないのです。

信頼関係を築いていくということは、薬剤師として必ず考えていかなければいけないでしょう。
そんな仕事をして行くためにも、日々自分を磨き、どんなことを求められるのかを考え、働いていくことが重要であるといえるでしょう。