HG183_72A

薬を渡すだけで終わらない

どんな職業にも悩みはありますが、薬剤師の場合、他の業種とは違った悩みになることがあります。
薬剤師は、薬を使う技術者であるとともに、接客業の一面も持っているからです。

接客業といっても、物販とはまた異なります。
専門家として、患者に薬を売るだけではなく、どんな用途で使わなければいけないのか、その説明をすることが重要となるからです。

それもただ薬を渡すだけでは終わりません。
薬を手渡す最終確認の場でもあるからです。
そのため、患者との関係は複雑になりやすく、薬剤師同士の人間関係も複雑となるでしょう。
これが悩みになりやすい部分なのです。

仕事として考えても、内容への不満が出てくることもありますし、価値観の相違によって、考え方が大きく隔たることさえあるでしょう。
普通の職場でも起きることではありますが、これがもっと大きなものとなる可能性があるのが、薬剤師なのです。

薬剤師として抱えてしまう接客業としての悩み

薬剤師として考えれば、さまざまな悩みがあるでしょう。
接客業として、患者とのコミュニケーションが必ず必要になります。
もしも、薬剤師として、コミュニケーションを取りたくないというのであれば、薬局などの勤務をやめて、製剤メーカーでの研究などに転職したほうがいいでしょう。

患者とのコミュニケーションをうまくとっていくためには、まずは挨拶ができるかどうかが分かれ目になります。
最初のうちは、これがきついと感じるかもしれません。
一度、そういった思いをすると、なかなか抜け出せないものでもあるでしょう。

だからこそ、思い切って挨拶をするのです。
これが接客業として悩まずに済ませる第一歩になるでしょう。

薬の知識が壁を打ち破る

薬の説明ということは、専門領域のはずです。
ですが、何もわからない薬を渡される側になったらどうでしょうか。
不安だらけに決まっているのですから、納得できたという表情になるまで、説明すればいいだけのことなのです。
不安を解消するためには、自信を持って説明してあげることが一番でしょう。

こうして会話ができるようになれば、距離はだんだんと縮まっていきます。
特に高齢の人ともなれば、薬に対して不安がいっぱいだったりするのですから、しっかりと話をすることが接客の一番の解決方法なのです。
薬と関係ない話をしてみるのもいいでしょう。

患者と薬剤師という関係には、必ず壁があります。
専門家である以上、壁を破るのは薬剤師の役目であり、患者の役目ではありません。
そのことがわかるようになると、薬剤師として接客の悩みは減ってくるものなのです。